仮想通貨全般

新しい仮想通貨を買いたいときの指標って?

投稿日:2017年11月8日 更新日:

どの暗号通貨が上がっていくかは 総発行枚数、時価総額を考えると分かりやすいと思います。

そこで参考になるのがこれ。
Cryptocurrency Market Capitalizations
https://coinmarketcap.com/#JPY

Market Capってのが通貨の時価総額です。

Circulating Supplyってのが供給量(発行枚数)です。

※リップルやネムのように供給量の数字の横に*が付いているものはマイニングできない通貨、つまり最初から全部発行されている通貨です。

諸説ありますが、一般的に時価総額が高ければ高いほど信用がカタい通過になります。

我らがモナコインは167億ぐらい。順位が42位です(2017/11/7現在)。

中々有望なのではないでしょうか(๑´ڡ`๑)

まだあまり発行されていないのに価格が高い

こんな通貨も有望です。

しかし、コインの価値はそれだけではなく、モナーコインのようにスペック高いのに見逃される通貨もありますw

番外編:リップルやネムのように最初からすべて配布される通貨

これらは値段の上がり下がりが比較的緩やかです。

比較的リスクを負いたくない方におすすめです。

 

以上、こんな感じで見ていくと良いと思います~。


広告クリックで助かる命があります(ワシの命w)


↓ 下記のコインで寄付オナシャス TIPBOTの使い方はこちら ↓

モナコイン寄付アドレス:
XEM寄付アドレス:

-仮想通貨全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

金融庁、コインチェックに業務改善命令へ 仮想通貨流出で

金融庁、コインチェックに業務改善命令へ 仮想通貨流出で  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26244400Y8A120C1000000/   まあ、 …

コラム)お金って何か、を考える

Contents1 お金って何?2 信用を認めるのは誰?3 仮想通貨は信用に足らない?4 仮想通貨の通貨としての信用とは4.1 はじめての貨幣は石や貝だった4.2 希少価値のある貨幣制度へ4.3 金本 …

流出資金問題、ネム財団「数時間で事件は解決する」

ネム財団、流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始「数時間で事件は解決する」 コインチェック事件を受け https://coinbusiness.jp/n/n127fcf2a3e99   さ …

カスペルスキー、ウォレットから仮想通貨を盗むウィルスを見つける

カスペルスキー、ウォレットから仮想通貨を盗むウィルスを見つける https://jp.sputniknews.com/world/201711024243159/ なにこれこわい。 仮想通貨のシステム …

【重要】忘れると補償が受けられなくなる!?ZAIFの事業譲渡承認方法について

  テックビューロー解散・・・ 先のZaifでのBTC・モナコイン等の盗難事件のあと、運営会社テックビューローは解散が決定したようです。 Zaifはフィスコの運営に変わります。   …

現在のレート情報

現在のレート情報



相互リンク様

相互リンク様

50代初老女の仮想通貨奮戦記(目指せわらしべ長者) → 嫁様のブログ。草コイン中心。一発当てたいならご参考にどうぞ。ご利用は計画的に。

楠木さん家の中学受験「珍」観察日記 → 中学受験で知ったこと、解ったことを珍事件と交えてレポされてます。

現代紙幣にサヨナラした30代女子のブログ → 「マイニング女子」というパワーワードに惹かれて読ませていただきました!自作リグからNiceHashの使い方まで深く掘り下げているブログです。ご参考にどうぞ!

Twitter でフォロー

人気記事TOP5

カテゴリー

このブログのRSS

RSS Feed RSS - 投稿