なんちゃって仮想通貨辞典 ま行

マイニング

投稿日:2018年1月25日 更新日:

マイニングソフトをインストールし、動作させて仮想通貨のシステムの一環を担うこと。

 

例えばモナーコインのマイニングを行うと、自分のPCがモナーコインネットワーク(ブロックチェーンシステム)の一部になる。

また、マイニングを行っているPCは ブロックチェーンシステムから報酬として通貨(モナーコインなら25モナー/ブロック)が抽選で与えられる。

 

報酬のタイミングはランダムで、difficulty(難易度)と呼ばれる数値やハッシュレートが確率に関与する。

ハッシュレートと電気代から採掘利益が予測できるツールなどもある

→ モナコインマイニング収益計算

 

この通貨は取引所などを介してフィアット(法定通貨・日本円など)や他通貨に替えることができる。


広告クリックで助かる命があります(ワシの命w)


↓ 下記のコインで寄付オナシャス TIPBOTの使い方はこちら ↓

モナコイン寄付アドレス:
XEM寄付アドレス:

-なんちゃって仮想通貨辞典, ま行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ボラティリティ

価格変動の度合いを示す言葉。 「ボラティリティが大きい」と言うと「価格変動が激しい」という意味合いになります。 ボラティリティの大きい仮想通貨取引は差額が激しく儲けも出やすいですが、高くで買ってしまう …

ガチホ

ガチガチのホルダーの略。 上がろうが下がろうが特定の銘柄を売らない人のこと。 元々は株などの取引で使われていたスラング。 ここの管理人はモナーコインをガチホしてます(๑´ڡ`๑)

気絶

チャートの上げ下げに翻弄されると、良くない結果を引き起こすことがあります。 ですので、あえてチャートを見ないようにするため「気絶しとけ」とアドバイスされる時がありますw つまり、「あえてチャートを見な …

ムーン(MOON)

通貨の取引価格が著しく高まる(高騰する)ことをMOONと言う。 どこまで行けばMOONなのかはその人によるかもしれないが、到達するというよりも高騰中の高揚感を表す言葉かもしれない。

ナンピン

難平と書く。 江戸時代からある相場用語。 ある一つの銘柄を買った価格よりも安い価格で買い足す事。 例えば、1万円で1つ買った。 その後同じものが値下がりして6千円になった。 ここであと一つ買うと合わせ …

現在のレート情報

現在のレート情報



相互リンク様

相互リンク様

50代初老女の仮想通貨奮戦記(目指せわらしべ長者) → 嫁様のブログ。草コイン中心。一発当てたいならご参考にどうぞ。ご利用は計画的に。

楠木さん家の中学受験「珍」観察日記 → これも嫁様のブログ。娘の中学受験で知ったこと、解ったこと、娘の珍事件を交えてレポしてます。

現代紙幣にサヨナラした30代女子のブログ → 「マイニング女子」というパワーワードに惹かれて読ませていただきました!自作リグからNiceHashの使い方まで深く掘り下げているブログです。ご参考にどうぞ!

Twitter でフォロー

人気記事TOP5

カテゴリー

このブログのRSS

RSS Feed RSS - 投稿